南東北グループ 首都圏 リハビリテーション職員採用

職員インタビュー

仕事は、一人では進めていくことができない。

楽しそうに仕事するたくさんのスタッフを見て、
これなら多職種がうまく連携できると直感。

私は、以前は介護職として有料老人ホームに勤務していましたが、そこでPT・OT・ST(機能訓練指導員)の仕事を間近に見て「自分もリハビリ業務をやってみたい」と資格を取って転職しました。

今の職場は、転職活動中に施設見学させてもらったのですが、仲間がいっぱいいて、賑やかに楽しく働けそうだなと直感しました。前職時代もそうでしたが、私たちの仕事は、一人では進めていくことができません。多職種のスタッフがコミュニケーションを取り合って連携し、一人の利用者さんのためにサービスを提供しています。人との関わり合いで成り立っている仕事です。

その点で、私が働いている施設だけでなく、南東北グループの施設は働きやすい職場だと感じています。実際、先輩スタッフは気さくな方ばかりで、それだけで仕事のしやすさが随分違うと思います。私自身も、挨拶と笑顔を忘れないように心がけています。基本的なことですが、忘れがちなことでもありますから。

福利厚生が充実していて、プライベートと仕事がちゃんと両立できそうなこともポイントでした。毎日ほぼ定時で帰れるので、仕事終わりに仲間と食事に行くこともあります。そういう時間を持つことで、次の日からまた頑張れると思うので、ここも自慢できるポイントだと思います。

オフにどんなところに行くか?

東京ディズニーランドが好きです。最近ちょっと行けてないなぁ‥‥。

理学療法士 経験1年目 理学療法士 経験1年目
理学療法士 経験1年目

理学療法士 経験1年目

所属:介護老人保健施設リハビリテーションセンター江古田の森
出身:山形県

理学療法士の仕事の魅力は、自分の技術によって、利用者さんの能力や機能を回復させ、再び自立した生活を取り戻すように支援できること。介護職からキャリアチェンジして、日々そのことを実感しています。