南東北グループ 首都圏 リハビリテーション職員採用

職員インタビュー

患者さんのQOLへの責任 実感した入職2年目の経験

この職種を目指した動機は?

小さな頃からテニスをずっとやっていて、肩や腕のリハビリで理学療法士さんにお世話になったことでこの仕事を知りました。作業療法士、言語聴覚士も含めていろいろ調べた中で、人間が当たり前にする「歩く」「起き上がる」など、自分たちが何気なくやっている動作をサポートするところに魅力を感じ、「自分は理学療法士がいいな」とこの仕事を選びました。

充実感・達成感を感じるときは?

1年目はがむしゃらでしたが、最近は患者さんとのコミュニケーションの中で感謝していただけていると感じることが増えました。言葉で伝えてもらえることはなかなか多くないのですが、やはり言葉にして感謝を伝えていただけると「自分の言葉も伝わっていたかな」と思えます。ご自身でコミュニケーションが取れない利用者さんでも、ご家族からお話を伺ってご本人のそういうお気持ちに知るとやはり嬉しいですね。

成長の糧になっている経験は?

入職2年目で脳神経外科の班になって、重度の麻痺のある患者さんを初めて担当したのですが、装具と介助でようやく少し足が前に出るという比較的早い段階でリハビリ病院に転院することになりました。その後再会したときには杖を使って歩けるようになっていて、「ここでよくしてもらったから、今こうして歩けている」と言っていただけたことです。個人差はありますが、脳神経外科の患者さんは(リハビリを)やったらやっただけ成果が出ることを目の当たりにして、急性期のリハビリでその基盤を作ることの大切さを実感しました。

職場の自慢できるところは?

新百合ヶ丘総合病院はほぼすべての診療科が網羅されている総合病院なので、いろんな疾患の方のリハビリができます。私もこれまでにいくつかの班を回らせてもらい、内科的疾患から現在の外科まで経験させてもらっています。3年目でこれだけの経験できるのはこの病院ならではだと思います。

疾患も年齢層もいろいろですから(理学療法士としてのスキルだけでなく)コミュニケーション能力もすごく重要で、日頃からニュースなどもちゃんと見ておかないと話が合わなかったりします(笑)。

終業後やオフの過ごし方は?

病院にはいろんなサークル活動があって、私はフットサルに月2回参加しています。それが医師や看護師、他科の職員の方との交流の機会にもなっています。きっかけがないとなかなか話す機会のない他職種の方との接点ができ、仕事の場でのコミュニケーションも円滑になります。

理学療法士 経験3年目
理学療法士 経験3年目

理学療法士 経験3年目

所属:新百合ヶ丘総合病院リハビリテーション科 急性期外科班
出身:神奈川県

フットサルは、病院から歩いていける近所のコートを使って院内の対抗試合形式でやるのですが、半年に一度ぐらいのペースで病院対抗試合もしています。ほかにもテニスや音楽などのサークル活動がありますよ。

インタビュー一覧

見学会・説明会・採用試験
ご予約